2009年05月27日

正変換の候補の中に逆変換の候補が混じることに気づいた

例えば、「?」単独で変換してみると「はてなまーく」「はてな」「くえすちょんまーく」「ぎもんふ」等が候補に出てくる。

調べたところ、

anthy-9100h → 正常
anhty-9100h + alt-depgraph-090525 → 正常
anthy-9100h + patch13Bptn23-2009520 → OUT

となったので、どうも patch13Bptn23 の不具合っぽい。
「いつから?」と思って 2009503 版で確認してみたら、これもアウトだった。
…うそ、昨日まで全く気づいてなかったんですけど…。

「G-HAL 氏が確か何か書かれてた気がする」と思って探してみた
うーむ、scim-anthy で出てるんでこれは違うのかも。
オリジナル uim-1.5.5 (~/.uim 無し)でも同じ症状だし。

LATTICE_HINTING_BY_CHARACTER を有効にしてるので、ANTHY_RECONVERT_? は「強制的にDISABLE」のはずだと思うが、試しに「AUTO」になってたのを「DISABLE」にしてみるも、やはり変わらず、逆変換の候補が出てくる。

現象としては、「通常変換時に逆変換用のエントリも引っ張ってきてしまっている(あるいは、通常変換時に同時に逆変換も行ってしまっている)」ように見えますが…。


【追記】
原因は判明した模様。いつも素早い対応ありがとうございます。
が、そんな以前からだったとは……

# seesaa 何か重いな

【追記2】
2009527 版、治ってるのを確認しました。ありがとうございました。



posted by vagus at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語入力 - アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。